相続が発生してからの流れ

被相続人が亡くなったその時から相続は始まります。どこに、いつまでに何をするのか、流れとともに説明します。
相続放棄・限定承認は3ヶ月以内、所得税の申告・納付は4ヶ月以内、そして相続税の納付は10ヶ月以内と、相続の手続きは限られた期間でやらなければいけないことが多くあります。スケジュールには十分注意する必要があります。

相続発生
(被相続人死亡)

sheet

  • 市区町村に死亡届7日以内
  • 公的年金、健康保険切り替え
  • 社会保険などへ葬儀料請求
  • 遺言書の有無確認

※遺言書が有る場合は家庭裁判所の検認が必要です。
ない場合は、民法に基づき相続順位、分配額等を決めます。
card
card2

  • 公共料金名義変更
  • クレジットカード停止
  • 運転免許証返却
  • 相続人の確認・確定(戸籍・除籍・改正原戸籍謄本用意)
  • 生命保険金の交付申請
  • 相続財産の概要把握(調査、財産目録作成)

通夜・葬儀

初七日
香典返し
四十九日

<3ヶ月以内>

相続放棄・
限定承認

 

  • 相続放棄、限定承認を家裁へ
<4ヶ月以内>

準確定申告

 

  • 所得税の申告・納付

遺産・債務の
確定・評価

office

  • 物納・延納、土地売却による納税検討
  • 遺言書→家庭裁判所
  • 相続人に未成年者いる場合、家裁に特別代理人申請

遺産分割協議

family

  • 遺産分割協議を行う

相続の権利がある人たちが集まり、誰にどれだけの財産を与えるかの話し合いをします。その結果を記した遺産分割協議書を作成します。

  • 遺産の分配・名義変更を行う

不動産所有権移転登記や預貯金の名義変更等を行う

遺産分割協議書
作成

<10ヶ月以内>

相続税の申告・
納税

office2

 

  • 相続税を税務署へ申告・納税
  • 10か月以内に一番大変である”遺産分割協議書”を作成し、相続税申告を行う必要があります。もし遅れた場合、延滞税が掛かるとともに、いろんな特例を使った減税ができなくなってしまいますので、気を付けましょう。

  • 延納・物納申請
  • 不動産所有権移転登記
  • 預金・株式名義変更
  • 減殺請求(1年以内)

遺産の名義変更

<3年以内>

相続財産売却時
特例有り

 

3年以内、相続財産売却時所得税特例有り